世界日報 Web版

対中政策の見直し進むEU、G7で明らかに


12日、英南西部コーンウォール地方セントアイブズで、談笑するバイデン米大統領(左から2人目)とメルケル独首相(右)(AFP時事)

 フランスのマクロン大統領は英コーンウォールでのG7サミットの開催前日の10日、パリでの記者会見でインド太平洋戦略について「われわれは誰とも提携しない。米国と提携せず、中国の下僕にもならない」と述べ、EUは対中強硬姿勢を強める米国とは距離を置くことを強調した。

 一方、マクロン氏はバイデン米大統領との会談で、気候変動対策に関し、英北部グラスゴーで11月に開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で意欲的に成果を目指すことを確認した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ