世界日報 Web版

欧米脱退 相次いだUNIDO、7月12日に事務局長選


新たな事務局長を選出するUNIDOのウィーン本部(UNIDO公式サイトから)

 ミュラー氏以外では南米ボリビア出身のUNIDOの幹部ベルナルド・カルザディラ・サルミエント氏とエチオピア首相府特別顧問兼上級閣僚のアルケべ・オクバイ氏の2人だ。UNIDO次期事務局長選は中国人の李勇事務局長(2013年6月就任)の2期任期満了を受けて実施される。

 事務局長選の投票は7月12日から開催されるUNIDO理事会(理事国53カ国)第49会期で実施される。選出された新事務局長は11月29日から始まる第19回総会で全加盟国の承認を受ける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ