世界日報 Web版

連邦議会選9月に控えた独政治情勢


4月19日、ベルリンで、ドイツ野党・緑の党の首相候補に選ばれたベーアボック共同党首(EPA時事)

 ドイツで9月26日、連邦議会選挙(下院)が行われる。投票日を5カ月後に控えた時点でメルケル首相の与党「キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)」が野党・環境政党「緑の党」に抜かれて第2党に後退するという世論調査がこのほど明らかになった。(ウィーン・小川 敏)

 ドイツ紙ビルド日曜版が世論調査機関カンターに依頼した調査結果によると、緑の党は28%でCDU/CSUの27%を抜いて第1党に躍進した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ