世界日報 Web版

EUvs 英、対面交渉 厳しい局面


英国に乗り込んだ欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官=10月28日、ロンドン(AFP時事)

 EUのバルニエ首席交渉官が11月27日に一部加盟国の漁業担当相と会談した。貿易交渉の最大の懸念の一つで難航している漁業問題を打開するため、意見交換を行うためだった。

 EUは一貫して英海域での漁業権の現状維持を主張し、これに対して英国は、離脱に伴い手にする独自の漁業政策で「主権」を強調している。直接関係のあるフランスやスペインなどのEU加盟国は、英海域での漁業権を認める協議は年次交渉で状況を見ながら決定すべきとしているが、英国はこれを認めていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ