世界日報 Web版

EUの日本重視変わらず、「ポスト安倍」の行方注視


2019年8月26日、首相官邸でマクロン仏大統領と会談した安倍晋三首相

多国間主義強化で連携

 安倍首相の辞任表明に対して、EUのミシェル大統領は8月28日、「首相の指導力の下でEUと日本が緊密で力強い関係を築いたことに感謝したい」とツイート。フォンデアライエン欧州委員長も、ツイッターで「EUと日本の関係強化への献身と貢献に感謝する」と書き込んだ。

 ドイツのメルケル首相は「日独間の遠い距離にもかかわらず、両国は基本的価値を共有していることを示した」と称賛。フランスのマクロン大統領も「安倍氏は女性がより重要な役割を果たせるようにし、日本の経済と社会の近代化に取り組んだ」と高く評価した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ