世界日報 Web版

チェコ上院議長、台湾訪問へ 中国は中止求め、報復示唆


ゼマン大統領

前議長が夕食会後に急死

 訪台は、ヤロスラフ・クベラ前議長が2月に行う予定だった。クベラ氏は昨年、台湾の駐チェコ代表部から国慶節式典参加の招待状を受け取った。1月の台湾総統選挙後に訪れる意向だった。

 そのニュースが流れると、中国共産党政権は、チェコのナンバー2の立場にある上院議長の訪台計画を阻止するため、親中派のゼマン大統領らを動かして圧力を行使。張建敏・中国大使はクベラ氏に書簡を送り、「訪台すれば、チェコの対中貿易関係に大きな支障が生じるだろう」とあからさまに脅迫した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ