世界日報 Web版

ドイツにとっての5月8日とは


日本大学名誉教授-小林-宏晨氏

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 ドイツでは2020年の現在においても5月8日を終戦記念日に止めおくか、あるいは国民の祝祭日とすべきかについて争いがある。あるいはこの日を「解放の日」の記念日と位置付けることには抵抗がない。その背景について検討したい。

ナチスによる支配終焉


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ