世界日報 Web版

新型コロナ 観光立国オーストリアも大打撃


クルツ首相

 地球温暖化は人類存続に危機をもたらすと警告されてきたが、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナは、世界の観光業界に致命的なダメージを与えている。スウェーデンの環境保護活動家グレタ・トゥンベリさんが始めた地球温暖化に対する抗議集会はコロナゆえにできなくなったが、新型コロナがグローバル化をストップさせ、飛行機は飛ばず、外出は規制され、車も少なくなった。二酸化炭素は減り、中国の空気もきれいになったが、観光地を人が自由に旅行することも、自然の中で家族や友人たちと集まることもできなくなってしまった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ