世界日報 Web版

チャーチルのシオニズム


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 英国の政治家の中でチャーチルほどシオニズムを一貫して支持した者はいなかった。植民相在任中には、パレスチナのユダヤ人入植地で電化を中心とするインフラ整備に尽力した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ