世界日報 Web版

「極右テロ」ドイツで増加


800

 事件を起こしたのはドイツ人のトビアス・R容疑者(43)。先月19日午後10時に、人口10万人余りの小都市ハーナウのシーシャバーで銃を乱射した後、車で逃走した。

 現地の警察によると、警官隊が20日早朝、市内の容疑者の自宅を捜索、2人の遺体を見つけた。1人は容疑者のトビアス・Rで、もう1人は容疑者の母親(72)だった。銃乱射事件の死者は容疑者を含むと11人となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ