世界日報 Web版

欧州経済界が対中政策再考提案


トランプ米大統領(右)と劉鶴副首相

中国の国家資本主義に懸念

 欧州諸国の国内産業諸団体でつくるUNICEは16日、中国に対して、国家資本主義による構造問題や市場の歪みをもたらす慣行の改善を求める意見書を明らかにした。

 前日15日、中国は米国との間で両国の第1段階の経済・貿易協定に署名し、米国が要求していた知的財産の保護や金融市場の開放、為替操作の禁止などを約束することに合意した。意見書は同協定の署名を受けた形で、EUでも対中国経済政策を見直すことを提案している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ