世界日報 Web版

ASEAN取り込みに動く中国


2020年9月9日、ベトナムが主宰してオンラインで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の閣僚会合で発言する中国の王毅外相(画面中央)(AFP時事)

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の人口規模は6億人。欧州連合(EU)の5億人を超え若年層の多い魅力的な巨大市場となっている。加盟国の国内総生産(GDP)の合計は2兆ドルを超え、インドに匹敵するまでになった。日本や中国のGDPと比較すると規模は下回るが、それでも世界的には第7位の経済規模であり、巨大経済圏の一つに浮上してきた。そのASEANに中国が大きく食い込んできた。(池永達夫)

 中国最大の貿易相手はこれまでEUだったが、2020年の輸出入を合計した総貿易額が前年比6・7%増の6841億ドル(約71兆円)と初めてASEANがトップに踊り出た。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ