香港民主派、区議選へデモ休戦なるか


800

 逃亡犯条例改正案をめぐる抗議デモで香港政府は条例案を撤回したが、警察との衝突は激しさを増し、6月以降の拘束者は2300人を超えた。

 4日、香港政府は立法会(議会)の承認なしに事実上の非常事態法である緊急状況規則条例(緊急法)を中国返還後に初めて発動し、デモ時に覆面で活動することを禁じる覆面禁止法が施行された。香港トップの林鄭月娥行政長官が北京での国慶節(中国建国記念日)70周年の祝賀行事から戻った直後の発動で、中国政府の意向は明らか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ