世界日報 Web版

「香港の自由」を擁護する意味


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 「香港の自由」が瀬戸際に立たされている。香港政府が企図した「逃亡犯条例」改正の動きに触発された香港市民の広範な抗議活動は、収束しない。抗議活動の一部は、香港警察部隊との度重なる小競り合いを経ながら、香港国際空港占拠という事態に至っている。

 中国共産党政府は、香港での抗議活動を「テロに近い行為」と断じた中国国務院香港マカオ事務弁公室声明に示唆されるように、武装警察部隊投入を通じて事態の直接収拾を図る構えを鮮明にしつつある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ