世界日報 Web版

目が離せない台湾総統選


石平

香港情勢、親中派候補に逆風

評論家 石平

 8月14日からの4泊5日の日程で、久しぶりに台湾を訪れた。国民党総統候補の韓国瑜氏が市長を務める高雄市と、民進党が強い勢力を維持している台南市を中心にいろいろと見物して回った。現地の人々から聞いた話や、あるいは各テレビ局のニュース番組や討論番組をいろいろと視聴した印象では、台湾人の当分の政治的関心は主に、二つのテーマに集中している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ