世界日報 Web版

22カ国対中非難書簡の意義


櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 去る7月8日、国連人権理事会に宛てて、中国・新疆ウイグル自治区内におけるウイグル族や他の少数民族の処遇に絡んで、中国政府の対応を非難する書簡が提出された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ