香港で逃亡犯条例改正案反対、親中派も憎悪増幅


800

 中国広東省深圳に隣接する香港北西部エリアにある元朗駅構内。

 21日夜、改正案の完全撤回を求めるデモに参加した黒いTシャツを着た香港市民らが、突然、白いTシャツ姿の棍棒(こんぼう)を持った数十人の集団に襲撃された。45人負傷、うち1人重体。元朗区は少数民族や新移民が増え、犯罪率が高い。2014年の雨傘運動の時も民主派への襲撃事件は起きており、批判的な勢力に雇われたグループとの疑念が消えない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ