世界日報 Web版

軍関与する東南アジア政治


800

落ちる民主化度ランキング

欧米制裁逆手に中国擦り寄り

 2014年のクーデター以降、軍事政権が続いたタイで16日、3月の総選挙を経た新政権がやっと発足した。5年ぶりの「民政復帰」となるが、プラユット首相をはじめ軍政の枠組みは温存されたままで、形だけの「民政復帰」となる。軍政の枠組みというのは、軍が全議員を指名できる250議席の上院が首相選出に関与できるとともに、プラユット首相や治安担当のプラウィット副首相ら軍出身の主要閣僚がそのまま居残る形となったからだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ