世界日報 Web版

蔡英文・台湾総統、就任3周年 米国の台湾シフト鮮明に


蔡英文総統

 中国国家主席の習近平氏は1月2日の年初演説で、台湾に対する5項目の要求を出し、祖国統一の最善の方法は「一国二制度」であると強調するとともに、「武力行使をも排除しない」と圧力をかけた。

 台湾の蔡英文総統は直ちにこれに反論、「我々は一国二制度を断じて受け入れない」とはねつけた上で「中国は民主主義を受け入れるべきだ」と主張した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ