混迷する台湾総統候補者選び


蔡英文総

 与野党とも、総統候補を選ぶ予備選レベルから党利党略ばかりが先立ち、候補者のメンツに終始する迷走劇が続いている。

 昨年11月の統一地方選で大勝した最大野党・国民党では、最大勝因である「台湾の韓流」を巻き起こした韓国瑜高雄市長の総統候補待望論が党内外から根強く、世論調査でも総統候補として支持率トップを独走している(図参照)。だが、市長職就任から間もないため、地方自治体の長としての責務を優先し、出馬に否定的な態度を取り続け、党内をやきもきさせている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ