世界日報 Web版

NZ乱射事件、オーストリア連立政権揺さぶる


 クルツ連立政権は2017年12月発足以来初めて、政権の土台が揺らぎ始めた。乱射事件の容疑者からオーストリアの極右団体「イデンティテーレ運動」(本部グラーツ市、メンバー約300人)が寄付を受け取っていたことが判明したからだ。それだけではない。

 クルツ連立政権のパートナー政党、極右政党「自由党」関係者がイデンティテーレ運動に同じように寄付していたことが判明したのだ。すなわち、乱射事件の容疑者と自由党をそれぞれ点とすれば、その2点がイデンティテーレ運動を通じて一本の線につながってきたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ