世界日報 Web版

中国、海上コンテナ・ミサイル開発


ビル・ガーツ

貨物船に搭載し偽装

 中国は、貨物船に搭載される海上コンテナから発射する新型の長距離巡航ミサイルを製造している。米国防当局者が明らかにした。これにより、中国が運用する貨物船が戦艦に転用され、国外の商業港がミサイル基地となる可能性が出てくる。

 このミサイルは対地攻撃用で、現在、発射テスト中。対艦ミサイルYJ18Cの派生型とみられている。ミサイルの発射台は、外見は世界中で使用されている通常サイズの海上コンテナと同じで、貨物船の甲板に搭載することも可能だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ