世界日報 Web版

タイ、来春にも8年ぶり総選挙


ウッタマ党首

 タイが民政復帰に向けて動き出した。暫定政権はクーデター直後から、民政復帰を進めるとしてきたが、それが延び延びとなってきただけに一歩前進したとは言える。ただ、8年ぶりとなる総選挙が実施される可能性こそ高まっているものの、果たしてそれが民政復帰につながるものかどうか、まだ不透明だ。(池永達夫)

 タイの総選挙は、早ければ来年2月にも行われる。プラユット暫定首相は総選挙の候補日として、来年2月24日を挙げた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ