世界日報 Web版

習近平終身国家主席の行く末


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 メディアでは中国の習近平が終身国家主席(大統領)になったというニュースを大々的に報道し、否定的に見ると同時に危険視している向きがある。このことについて私は少し前向きな表現をしたところ、ある日本人の先輩から「チベット人は甘いと」とお叱りを受けた。

 もちろん私は血縁的にはチベット人であって、今は日本国民である。そして国民としての自覚と責任を感じて行動しているつもりである。だが一方において運命的にチベット人として誕生し、チベットの悲劇的な状況に無関心ではいられない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ