世界日報 Web版

シーレーン防衛を日米台で 中国の侵略・覇権阻止でシンポ


李明峻氏

日本版台湾関係法求める声

 台湾安保協会副理事長の李明峻氏は、「中国海艦船が今年(11月1日現在)、尖閣の接続水域に入ったのは154日、領海に入ったのは26日。船だけでなく、戦闘機の領空侵犯の回数も急増。2012年は244回で14年は571回だったが、今年は既に1000回を超え、自衛隊機のスクランブル回数が急増している」と、尖閣などをターゲットにした中国の挑発行為を報告。「国家の安全を担保する上で、一番危険なことは危機感が欠落していることだ」と訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ