世界日報 Web版

比大統領、戒厳令を継続


800-1

潜むマラウィ市占拠の残党

解放後の復興、日本にも期待

 フィリピンの国軍当局は10月16日、マラウィ市占拠を主導したイスラム過激派アブサヤフのリーダーのイスニロン・ハピロン容疑者と、イスラム過激派マウテグループのリーダーのオマル・マウテ容疑者の死亡を確認したと発表した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ