世界日報 Web版

比への浸透図るIS


フィリピン国軍兵

イスラム過激派が要所を占拠

 フィリピンのドゥテルテ大統領が、南部ミンダナオ島に戒厳令を布告した。「イスラム国」(IS)に忠誠を誓うイスラム過激派が同島の都市部に侵入し、学校や刑務所などを占拠して建物に放火するなどの破壊行為を繰り返し、治安情勢が急速に悪化したためだ。(マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ