陣痛期の1年、大なた振るえず-蔡英文政権


蔡英文氏

 20日、報道陣の前に姿を現さなかった蔡英文総統は前日、昨年の就任演説で「一つの中国」原則に基づく「92年コンセンサス」の承認を求める中国の要求に「不完全な回答」と批判されたことに「古い問題用紙はもう捨てるべきだ」と関係改善を呼び掛けるメッセージを発した。

 馬英九前政権が8年にわたって対中融和に傾き、「一つの中国」を認める動きだったが、中台関係の「現状維持」を掲げる蔡総統は、李登輝元総統の「二国論」の薫陶を受けながら台湾は中国の一部とする「一つの中国」を受け入れない一方、無用な刺激を与えないよう中国批判を極力薄めてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ