世界日報 Web版

中国人ブロガーが日本再発見 笹川財団で出版シンポ


800

 中国人人気ブロガーたちを日本に招待し、取材機会を提供したのは笹川日中友好基金。大多数の中国人にとって、日本情報は限定的であり、時に歴史教育で偏見や誤解を含むものもあるのが現実だ。同基金は、そうした問題を少しでも取り除こうとの思いから、現実の日本に触れてもらおうと35人の中国人ブロガーに取材機会を提供した。

 今回の招待取材だけでなく年に2~3度は日本を旅する封新城「新周刊」元編集長は「清潔で食べ物がおいしく日本が好きになった。とりわけ農村風景に思い入れが強い。長野や瀬戸内海では郷愁さえ覚える。農村が破壊された中国とは質的に違う」と語る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ