世界日報 Web版

ドゥテルテ比大統領の麻薬戦争


ドゥテルテ

「二重基準」との批判高まる

 フィリピンのドゥテルテ大統領が推進する麻薬戦争で、警官が関与する超法規的殺人疑惑が浮上し大きな波紋を呼んでいる。疑惑への関与で停職処分となった警官をドゥテルテ氏が鶴の一声で復帰させていたことも明らかとなり、麻薬戦争における「ダブルスタンダード(二重基準)」だとの批判も高まっている。(マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ