世界日報 Web版

勢い増す少数派の過激派組織


800

ISに忠誠、爆弾テロや誘拐

 モロ・イスラム解放戦線(MILF)やフィリピン共産党などの反政府勢力と和平推進に力を注ぐドゥテルテ大統領。停戦合意の結果、ミンダナオ島情勢は安定に向かい、国軍との大規模な交戦などは沈静化した。しかしその一方で、過激派組織「イスラム国」(IS)の影響を強く受けるアブサヤフやマウテ・グループなどの少数派のイスラム過激派組織が活発化しテロや誘拐を繰り返すなど、治安上の脅威となっている。またドゥテルテ氏の反米姿勢を追い風に、左派系組織も抗議活動を活発化させている。(マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ