世界日報 Web版

ガムを噛み習近平氏に臨んだドゥテルテ大統領に注目した「新報道」


◆反米的な発言を連発

 先週日曜(23日)の報道・討論番組はNHK「日曜討論」が米大統領選挙、フジテレビ「新報道2001」がフィリピンのドゥテルテ大統領の中国訪問、TBS「サンデーモーニング」が過激派組織「イスラム国」(IS)が支配しているモスルの奪還作戦など主に海外の時事問題を扱っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ