世界日報 Web版

中国式慈善に疑惑、権力闘争も


800

愛国慈善家・陳光標氏、窮地に

 派手なパフォーマンスで知られる中国の実業家、陳光標氏(48)が中国メディアから慈善活動組織の公印偽造や寄付金受領捏造(ねつぞう)疑惑を報じられ、政治的波紋を広げている。来秋の党大会で最高指導部入りが有力視されていた中国共産主義青年団(共青団)派の有力者、李源潮国家副主席との関わりがあることで共青団派を牽制(けんせい)する習近平政権内の権力闘争との見方も出ており、愛国慈善家の虚実からも党内人事の主導権争いは激化している。(香港・深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ