世界日報 Web版

イスラム過激派、キリスト教徒への攻撃継続を警告 Global war on Christianity feared as radical Islamists warn of more attacks


 イースター(復活祭)の日曜日、パキスタンで自爆テロが起き死者が出たことで、世界各地でキリスト教徒への攻撃が拡大するのではないかと懸念されている。攻撃の背後には過激なイスラム組織があり、キリスト教徒への攻撃を続けると警告を発した。

 タリバンの分派ジャマートゥル・アフラルのスポークスマン、エフサヌラ・エフサンが28日、電話でAFPに「ラホールでの攻撃を行ったのはわれわれだ。キリスト教徒が標的だ」と語るとともに、学校や大学への攻撃も計画していると表明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ