世界日報 Web版

「スー・チー大統領」消滅へ


アウン・サン・スー・チー党首

軍が憲法一時凍結案を拒否

 スー・チー氏は親族が英国籍のため憲法上、大統領資格がない。改憲は国会の4分の3以上、国民投票の過半数を取らなければ成立せず、ハードルが高いばかりか時間がそもそも足りない。テイン・セイン大統領の任期は3月いっぱいで、3月17日が大統領選出日だ。そこでNLDが出した知恵が、憲法条項の凍結案だった。

 現憲法には凍結規定がなく、凍結のための特別法を成立させれば実現可能だからだ。それだと国会の過半数を制しているNLDだけでも可決が可能だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ