台湾の景気浮揚策に光


800

総統選、各陣営とも自然エネルギー開発訴え

 台南市中心部の目抜き通り、日本統治時代には「銀座通り」と呼ばれた末広町(当時)に昭和のレトロな近代建築として日本橋高島屋や日本橋三越のようなたたずまいで林百貨店は鉄骨6階建てビルとして建っている。夜はライトアップされ、多くの若者たちが夜景を三脚でカメラ撮影する姿が目立つ。

 「林百貨は台南文化の宝。戦時中は米軍の空爆被害を受け、戦後は製塩工場、空軍寮、警察の派出所に使われ、80年代から空きビルになり、リニューアルを待ち望む声が強まった」と台南観光協会スタッフで母親が岐阜県出生の謝静如さんは話す。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ