世界日報 Web版

中国の習総書記が腐敗根絶を盾に他派攻撃


800

周永康氏封殺、最終段階へ

 中国の習近平指導部は、汚職容疑で最高指導部のメンバーだった周永康・前共産党政治局常務委員(前党中央政法委員会書記)を追い詰めている。引退後も息のかかる四川省、党政法委、石油閥ルートだけでなく山西省幹部の拘束も本格化して外堀を埋め、江沢民派である周氏本人も軟禁状態に置かれているとされる中、「反腐敗」で結束しようとする習政権の権力基盤固めに大きな異変が起こり始めている。(香港・深川耕治)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ