世界日報 Web版

ソロモン諸島暴動の底流


 南太平洋の島国ソロモン諸島とキリバスが相次いで台湾との外交関係を断絶し、中国と国交樹立に動いたのは2年前の9月だった。

 そのソロモン諸島の首都ホニアラで11月24日、およそ住民1000人がソガバレ首相退陣を求めた。抗議活動はやがてチャイナタウンが放火されるなど暴動に発展した。

 国軍を持たないソロモン諸島政府のソガバレ首相は、隣国の豪州とパプアニューギニア政府に支援を要請。空路で派遣された豪州治安部隊100人とパプアニューギニア兵士35人が鎮圧に動き、暴動は3日間で鎮静化した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ