世界日報 Web版

台湾、野党国民党主席に朱氏


 台湾で9月25日、国民党主席選挙が行われ、元主席の朱立倫氏の復帰が決まった。与党民進党が中国と距離を置く一方、最大野党の国民党は近年、中国との交流や関係修復を訴えてきたものの、民意との乖離(かいり)が広がり、政権奪還への道は険しいとの見方が大勢を占める。今回の選挙戦でも、対中路線を模索する国民党の混乱が目立った。

(台北・早川友久)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ