世界日報 Web版

故李登輝氏と日台の絆


故李登輝元台湾総統(AFP時事)

 安倍氏の申し入れに対する返答は、「李元総統は現在体調を崩しており、誰とも会わない」というものだった。台北に到着し、ある歓迎会の席で安倍氏がそのことを漏らすと、同席した台湾人たちは訝(いぶか)って言った。「それはおかしい。昨夜も李元総統がイベントに出席しているのをテレビで見た」。

 当時は国民党の馬英九政権だった。「元首相」の安倍氏が李元総統に会えば、日台関係の大きな成果にはなるが、李元総統と関係の悪い馬英九氏には得点にならない。台湾外交部の担当者らがいらぬ「忖度(そんたく)」をした結果、「誰とも会わない」という返答になった可能性が高い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ