世界日報 Web版

東南アジアでコロナ感染急増


一晩で63人が死亡したインドネシアのサルシド記念病院の駐車場に設けられたテントで酸素を吸引する患者=14日、ジョクジャカルタ特別州(時事)

 中国は“新型コロナ制圧”後、マスク外交、ワクチン外交を積極展開。マスクでは一部不良品が発覚し送り返される事例もあったが、現在、中国製ワクチンの有効性と安全性への疑問が広がりつつある。

 中国は感染拡大予防のために東南アジア各国に対して早い時期から中国製ワクチンを積極的に供与する「ワクチン外交」を展開、インドネシア、ミャンマーなどには中国の王毅外相が直接訪問してワクチン提供を申し出たりもした。

 そのインドネシアでは先月以降、中国製ワクチンを優先接種した医療関係者の感染が拡大し、感染死する医師や看護師が増えだしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ