世界日報 Web版

南太平洋・サモアの混迷


ツイラエパ首相(右)とファースト党党首のフィアメ氏(サモア外務省HPから)

 サモアでは4月9日に総選挙(51議席)があり、与党の人権擁護党と野党新党のサモア・ファースト党がいずれも25議席を獲得。無所属の当選者1人を引き込んだファースト党が、過半数に達し勝利しかけた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ