世界日報 Web版

貴重な文化財を守った台南市長 羽鳥 又男


貴重な文化財を守った台南市長 羽鳥 又男

生誕100年を記念し胸像が贈られ、赤嵌楼に置かれている

 「台湾の京都」こと台南市の代表的な史跡といえば、1652年にオランダ人によって築城された「赤嵌楼(せきかんろう)」が挙げられよう。原名は「プロヴィンティア」と称し、その後、鄭成功が台湾を占拠すると「東都承天府」に改名され、台湾全島の最高行政府となった。赤色の瓦(かわら)と煉瓦(れんが)でできた歴史ロマンを感じさせる風情ある建築物で、「紅毛楼」とも呼ばれ、「国家一級古跡」にも指定されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ