世界日報 Web版

比、再びコロナ感染が急増


3月13日、マニラ首都圏マカティ市で感染対策のため封鎖された地域の様子

 フィリピンではマニラ首都圏を中心に再び新型コロナウイルスの感染者が急増し、政府が改めて厳しい外出規制を導入するなど対策に追われている。財政的な理由から昨年のような厳格なロックダウン(都市封鎖)は避けたい政府だが、感染が減少に転じない場合は再ロックダウンも辞さない構えだ。(マニラ・福島純一)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ