世界日報 Web版

謎多き明治初期の軍人「吉原元帥」こと吉原小造


謎多き明治初期の日本軍人、吉原小造

台南市郊外に鄭成功配下の謝永常や趙勝と並んで祀らる

 台湾が世界史の中に組み込まれたのは16世紀中頃のことである。ポルトガルの船が台湾近海を航海中、船員が緑溢(あふ)れる台湾島を発見し、あまりの美しさに「イラ・フォルモサ」と叫んだと言われている。ポルトガル語で「麗しい島」という意味である。以来、「フォルモサ」は台湾の別称として定着していった。

 その後、台湾は1624年から37年間、オランダによって統治された。この間、26年にはスペインが台湾に上陸し、北部一帯を占拠するも、やがてオランダによって駆逐され、その統治はわずか16年で幕を閉じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ