世界日報 Web版

部下たちの命を救った警部、廣枝音右衛門


部下たちの命を救った警部、廣枝音右衛門

台湾総督府巡査として台湾に渡り、地元民から厚い信頼を得る

 緑深い原生林に覆われた台湾苗栗県にある標高491メートルの獅頭山は、台湾仏教の聖地として有名である。「獅頭」という名前は、その山頂が獅子(しし)の鬣(たてがみ)に似ていることから命名されたらしい。そこには大小幾つもの寺院が点在している。この中の一つ「勧化堂」に廣枝音右衛門という日本人警部の霊が祀(まつ)られていることはあまり知られていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ