世界日報 Web版

フィリピン 警官の親子射殺に猛批判


比タルラック州で非番中に母子を射殺し起訴された警官ジョネル・ヌエスカ容疑者(中部ルソン地方警察のフェイスブックから)

 12月20日にタルラック州で、非番の警官が近所に住む女性とその息子を射殺する事件があった。地元メディアによると警官と被害者は同じ地域に住んでおり、土地問題をめぐって長年争っていたという。事件当日は被害者の息子が禁止されている破裂音を出すオモチャを使用したことから警官が拘束を試みたところ、母親が激しく抵抗して激しい口論に発展。怒りを抑えられなかった警官が、所持していた拳銃で至近距離から母親と息子の頭部を撃ち抜いた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ