世界日報 Web版

「モンゴル人の母語奪うな!」 王毅外相来日でモンゴル族らデモ


内モンゴル自治区での漢化教育政策の撤回などを訴える在日モンゴル人ら=24日、東京・永田町の国会議事堂前(川瀬裕也撮影)

内モンゴル自治区での漢化教育政策の撤回などを訴える在日モンゴル人ら=24日、東京・永田町の国会議事堂前(川瀬裕也撮影)

 中国の内モンゴル自治区で今年9月から始まった、教育を中国語中心に切り替える当局の政策に抗議するデモ(主催=在日モンゴル人有志連合)が24日、東京・永田町の国会議事堂前で行われ、在日モンゴル人らが漢化教育政策の撤回などを訴えた。

 中国の王毅外相の来日に合わせて行われたもので、デモ参加者は仮面やサングラスなどで顔を隠し、「モンゴル人から母語を奪うな!」「文化的ジェノサイドをやめろ!」とシュプレヒコールをあげた。

 代表者の女性は、「(内モンゴルでは)モンゴル語で受けるべき国語の授業を中国語に変え、政治・道徳・歴史も中国語で受けさせている」とした上で、「これはチベットとウイグルに続く少数民族同化政策だ」と、中国当局を批判した。