世界日報 Web版

蔡総統の「バトル・オブ・タイワン」演説


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 10月10日、例年のごとく、台湾の蔡英文総統は中華民国の双十国慶節で国民にメッセージを発したが、今年の蔡英文演説は、「バトル・オブ・タイワン(Battle of Taiwan)」の呼び掛けとして歴史に刻まれるかもしれない。

 今から80年前、第2次大戦の幕開け、ポーランド侵攻で勝利したドイツ軍が、ベルギーに侵入すると、イギリスでは対独宥和(ゆうわ)政策のチェンバレン首相が辞任し、対独強硬派のチャーチルが代わって首相に就任した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ