世界日報 Web版

タイで続く反体制デモ


10月26日、バンコクでドイツ大使館に向けて行進するデモ隊(時事)

 1992年のスチンダ政権退陣を求めたデモは、前年のクーデターを主導したスチンダ陸軍司令官が「自分は首相になることはない」と言明しながら翌年、首相に就任したことで反政府運動が発生、燎原(りょうげん)の火のごとく広がっていった。最大時、50万人規模の市民が王宮前広場に集結して抗議デモを展開、出動した軍はライフルの水平撃ちで多くの犠牲者を出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ